花畑

体の調整

基本的な治療について

うつ病は心の風邪と言われるほど、誰にでも起こりうる病です。仕事や人間関係など現代には様々なところにうつ病の要因が潜んでいるため、多くの方がその病気に苦しんでいます。 このうつ病の治療は、十分な休養と投薬が基本的な組み合わせです。責任感が強い人ほどかかりやすいといわれるうつ病ですが、仕事を休むわけにはいかない・家事をおざなりにはできないといった観念を捨て、まずは十分に休養することが重要です。最近では企業側の理解が得られるケースが大きく、診断書をもってすぐに療養休暇が取れるケースも増えています。職場への相談は臆することなく、信頼のおける方にまずは話してみるとよいでしょう。 投薬治療で多く用いられているのが抗うつ薬です。脳内の物質バランスの乱れを調整し、こころとからだに活力が持てるように体内を調整するという役目があります。投薬に関してはそれぞれの症状によって異なります。

家族の理解も大きな薬に

うつ病の治療には、先述したように休養と投薬の二本立てが基本です。それに加え、家族をはじめ周囲の理解が本人にとって非常に重要です。 療養休暇中は本人の病状が気になり、あれこれと口を出したくなることも多いかもしれませんし、落ち込む家族の姿にこちらも気が滅入る・イライラするということもあるかもしれません。しかし、焦りは禁物です。今はゆっくり休む期間なのだと思い、まずは家族が穏やかに接することが大切です。ご家族が休んでほしいという気持ちを伝えることで、救われる患者さんは多いものです。 また、ご家族の方は医師の治療方針を十分理解し、連携をとることも大切です。ご本人だけで病院に通う方も多いのですが、できればご家族の方も付き添い、ともに治療するという気持ちでいるとよいでしょう。医師も協力的なご家族には相応のアドバイスをしてくれます。