Cirube

みんなで一緒に治す

うつ病の治療は、かかってしまった人ひとりではなく、周りの人も含めたみんなで治すという心がけが必要です。生活の中からうつの原因になるものを取り除くため、そのあり方を変えるべくみんなで努力する必要があるのです。

詳細を読む

早めの治療

うつ病の治療は、何はともあれ「早めに」というのが合言葉です。治すために使われる抗うつ剤などの薬も、飲むのが早ければ早いほどしっかりとした効果を発揮することが出来るようになります。

詳細を読む

薬と休養

心の状態を健康に戻してくれる役割を持つ、うつを治療するための抗うつ剤。それに加えて必要なのは休養です。体をきちんと休ませてあげることで、心もまた余裕を持ち、リラックすることが出来るのです。

詳細を読む

うつ病の診断

治療に先立って欠かせないのは、「あなたはうつ病です」という診断です。正しい診断を下してくれるクリニックへ行く必要があります。それによって、うつ病を完全に回復させることが出来るのです。

詳細を読む

体の調整

うつ病は、投薬と休養という2段構えの治療によって、心と体をリラックスさせることで元通りにすることが出来るものです。病院の先生や家族など、周りの人と連携をとって立ち向かっていく必要があります。

詳細を読む

うつと向き合うこと

十分な休息と周囲の理解が必要

うつ病に気が付いたら、まずは焦らず、ゆっくりと病と向き合うことが大切です。うつ病の治療は最短でも3か月と言われています。 その間に症状はよくなったり、悪くなったりを繰り返し、一進一退の毎日です。非常にゆっくりしたペースで回復するので悪くなっても悲観的になることなく、また、よくなっても必要以上に頑張ろうとしないことが大切です。 この間大切なことは周囲の理解です。絶対に自殺をしないこと。回復するまでは、離婚や離職などの人生の大決断をしないことです。 今は出来なくてもうつが回復すれば出来るようになることが多いのです。病気によって本来の自分とは違う状態になっています。重大な決断はとりあえず先延ばしにして、治療に専念しましょう。 自殺をしたいと思う気持ちもうつ病という病気の症状なのです。回復すれば死ななくてよかったと思うはずです。絶対に自殺をしないでください。

薬による治療で脳内神経伝達のバランスの乱れを調整する

うつは脳の中にある神経伝達物質の働きにまで異常をきたしている病気なので、気の持ちようだけでは治すことが出来ません。 そこで十分な休息と合わせて、神経伝達物質のバランスを改善し、機能を回復させる抗うつ薬と呼ばれる薬を治療に使います。 うつ病の治療に使われる抗うつ薬にはさまざまな種類があります。お医者様が患者さん1人1人の症状に合わせ、効果と副作用のバランスをみながら患者さんに合った薬の種類と量を処方します。 正しく服用してこそ十分な効果が得られるものなので自己判断で服用を中止したりせず、お医者様の指示を守って服用しましょう。少しでも心配があれば、お医者様や薬剤師さんに気軽に相談しましょう。 うつ症状と別に躁状態がある場合は抗うつ薬とは別の種類の薬が必要になります。診断の時には必ず伝えるようにしましょう。

医療機関で受けることが必須ですが、臨床治療だけは回復に不十分なことも多いです。

うつ病の治療は主に医療機関にて行われます。現在行われているうつ病の治療は主に薬物療法で、投与される薬物として、抗うつ剤、抗不安剤、睡眠薬が挙げられます。そのため、治療を受けるには医療機関で診察を受けることが必須となります。 薬物療法のほかに、カウンセリング療法といった心理療法も行っている医療機関もあります。 しかし、うつ病の発病は患者の環境や生活要因も大きい部分があるため、臨床的な治療だけではケースによっては不十分な時もあります。そのため、医療機関の治療だけでなく、福祉的な機関に相談にかかり、うつ病発症のきっかけとなったと思われる患者の環境や生活に関する要因の解決に一緒に取り組むことも必要になってきます。

医師の診断姿勢やその他のフォローアップ体制があるかという要因が大きいです。

しかし、治療方法は医療機関によってバラバラなのが現状となっています。中には自らの儲け目的で医療機関を開業し、薬の投与を行っているところさえあります。 しかし、人気を集めている医療機関には特徴があります。勿論肩書きがある医師がいるというのも要因として挙げられますが、患者の主訴を親身に傾聴し、受容を行っていたり、面談を長くすることで丁寧に診断を行う医師は人気が集まる傾向にあります。 また、デイケア等の別の設備が揃っていたり、他の専門職のケアも受けられたり、アフターケアが充実している医療機関は患者が集まりやすい傾向にあります。しかし、以上のような医療機関は現実的にあまりないため、患者が集中しやすく、結局はその機関で治療が受けられにくい現状にあります。

うつ病の治療について

うつ病になってしまう人が年々増えています。この病は、忙しい現代人にありがちな病気なのです。したがって、自分ではあまり我慢せずにきちんと病院に通うことが重要です。治療方法としてはまず薬物治療がメインとなります。薬物治療とは、薬を服用しながらうつの治療を行う方法です。薬は病院に行かなければもらえませんので必ず通院するようにしてください。医者とのカウンセリングを通じて、自分のうつに適した薬を処方してくれるのです。うつ病を治すための薬は多くの種類があります。そして、このカウンセリングを繰り返しているうちにだんだんとうつが消えて行けば治療は完了します。徐々に自分の力で生活できるように薬を減らしていくのも方法の1つです。

オススメリンク