花畑

うつ病の診断

うつ病の治療について

うつ病は日常生活のさまざまな部分に深く関わってしまうものです。それが原因で会社を休んだり、ひどい症状の場合は、そのまま退職してしまう人もいます。 「うつ病」にかかると、気分が落ち込んだり、無気力になったりする症状があらわれます。 また、精神的なものだけではなく、「頭痛」のような、身体症状も症状の一つだと言われています。 原因は、心理的、社会的、と、一つのことだけではなく、様々な要因が複雑に絡み合っています。 昔は、治療に対しても間違った認識が多く、かかったら、外には出さない方が良いとの考えもありました。 しかし、人によっては、外出したことにより、症状が改善した人もいます。 一人一人の症状をよく見極め、工夫した治療が必要になります。 例えば、趣味が音楽であれば、好きな曲をかけたり、部屋を音楽室のようにしたり、などです。 このように、治療を工夫することで、改善が見られる場合があります。

注目すべき新たな診断方法

うつ病とは、どのように判断されるのでしょうか。 一般的なものとしては、問診を行い、過去の統計などに基づき診断されます。 しかし、近年「新型うつ病」というものも出てきました。 ネット社会となり、直接人間関係を形成するのが難しくなってきたことが、新型うつ病の人が増えてきた原因とされています。 うつ病自体が複雑になってきた現代、新たな診察方法が注目されています。 その一つが、脳の血流を見ることで、うつ病かどうかを診断できる方法です。 この方法を用いることで、かかっているうつ病の種類までわかるようになりました。 種類がある程度特定されることで、その治療方針も決めることができます。 この新たな診察方法で、一人でも多くのうつ病の人が、治療に希望を持てると良いな、と思います。